金井税務会計事務所

Kanai Tax Accounting Office

  1. ホーム  >
  2. 事務所通信  >
  3. 月別一覧  >

« 1月 2018 | Main | 11月 2017 »

「病」と「病気」を明確に区分していますか

水曜日, 12月 20, 2017

今日、AIの急激な進化により、人間のあり方について様々な議論が沸き起こっています。これに打ち勝つ方法として、身体能力の維持・向上が効果的と言われています。人間の「脳」は、体調が良いときに活発化するという研究結果があるからです。

  さて、国民の健康状態はどうなっているのでしょうか。このバロメーターは、国民医療費とサプリメントで推量されます。平成28年度の国民医療費は、約41兆3千億円、サプリメント市場は約4兆円となり高額傾向は止まらず、最近ではCRT-T細胞療法として約5千万円という天文学的なガン治療法が開発されました。これらの現象は、自分の病に対し、取り越し苦労や神経過敏になった結果、過度に依存症になったことが原因ではないでしようか。

そこで、本題です。

  「病」と「病気」、おそらく大部分の人が同じと考えているのではないでしょうか。「病」と「病気」とは、その名称がはなはだ似ているが、内容が異なるものであって、厳密に言えば相当に相違するものなのです。「病」を「病気」と言うものに変化させると、率直に言えば、早く治る病を長引かし、軽くする病を重くし、時には死ななくても良い病を死に転帰させてしまうと言う不幸な結果を招く事態を誘発してしまうことがあります。

  例えば、原因不明の発熱や平常覚えのないような不快感、違和感、疼痛感を身体に感じたりする。それは、確かに肉体のどこかの部署に健康障害が生じたためで、即ち「病」である。ところが、そのまま適当の手当を施せば、寿命の終わる時の病で無い限りは必ず治癒するが、先ず大抵の人は、そういう場合、自己の有する小さな理知を基準として、あれこれと批判を始める。言い換えると、色々な推量的判断で自己診断をする。そして、その自己診断を基として盛んに心配を始める。これが、「病」を「病気」にする見本である。

  なぜ、「病」を「病気」にすると早く治るべきものを長引かし、軽く治るものを重くし、死ななくてもよいものを死ぬようにすると言う厄介なことを引き起こすかというと、即ち、病の時に何よりも重要な、病を治癒する働きを行う自然治癒力の発動を極度に阻止するからである。・・・中村天風「真人生の探究」より意訳  経営者は、健康が命です。

明けてくる平成30年が、素晴らしい年でありますようご祈念申し上げます。

テーマ: その他